2009年08月31日

今度は革らしい・・・ふと思うこと。

フリースから始まり、ヒート●ック・・・今秋冬は革っぽい合皮らしい。どんどん上代文化が壊れていく。
素材を某社のように、異常に安く買ったり、作ったりは、普通の会社規模では無理なので、デザインや加工など他社にまねできない何かを探してきたこの業界メーカー。
そのこだわりが、この業界を支えてきたし、物作りの楽しさを次世代に伝えてきたと思う。

それがどんどん壊れていく。どんどん某社の上代が当たり前になってきた。ファッションってこんなもんだろうか。
いくらこだわりのあるメーカーも、これでは革のジャケット作れない。
優秀なデザイナーになるかもしれない、今は一社員も、過去に比べて格段の比率で世に出てくる確率は下がると思う。

もちろん市場の悪さが、単価低下を招いていることは否めないが・・・
ただ、物作りには聖域があると思う。紳士協定であえて言わないことがあると思う。これからのこの業界で頑張ってくれる若者を守っていく使命があると思う。

日本の着物は世界の民族衣装で、一番多くの行程数をふんでできている。そして今の日本のファッション文化がその上にある。
その文化の継承さえできなくなっていくかも。。。。。

こんな時代だからこそ、もう一度、物作りの原点に立ち返ってみようと思う。売上はもちろん勝てないが、何かは勝てる気がする・・・


posted by JACK at 19:50| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by KNZABfSaEvBbTox at 2013年06月22日 05:44
Posted by ZDSoHXRocUOvpG at 2013年07月02日 10:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。